--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進まぬ臓器提供 (追記あり)

2010年05月06日 23:01

昨年、臓器移植法が改正された。

その頃に、臓器移植を進める人は人殺しだの、脳死を人の死と認めるのは科学馬鹿だといった調子の言論に出会って辟易としたのをはっきりと覚えている。

昨年の改正は、子供の移植を他国の子供の臓器に頼らざるを得なかった状況を改善するためにどうしても必要なものであった。また、改正後も本人が拒否すればドナーとなる事は決してないのは変わらない。
だから、例え法改正があっても改正否定論者が言うように移植が劇的に増える事はないだろうとも予想していた。

だけど、この現状は酷すぎる。
http://www.jotnw.or.jp/datafile/pdf/noushi-donor0912.pdf
2009年の脳死からの臓器提供は、たったの7件だ。
2008年の13件からでもほぼ半減している。
子供がドナーとなった事例は当然のごとく皆無だ。
提供を待つ子供は沢山いるのにだ。

アメリカなど、これまで日本人の子供の移植受け入れをしてきた国は、もはや外国の患者を受け入れないか、とんでもなく法外な費用を要求するようになってきている。
このままでは、日本の子供たちだけが、移植を受けられずに死を待つしかないという状況になる。

さらに情けないのは、心停止後の提供も、ほぼ100件程度と横ばいである事だ。
心停止後でも腎臓などの臓器は提供できる。

せめてこれが増えれば、近親者を命の危険に晒してまで生体腎移植をしたり、フィリピンなどで出所の不明な移植をする必要がなくなるし、人工透析で体だけでなく経済的にも苦しんでいる多くの患者に、穏やかな生活を取り戻してあげる事が出来る。

ちなみに死者からの腎臓提供は、アメリカでは年間7000件程で、スペインでは1万件を超えるそうだ。
人口を考慮しても、日本の提供数の少なさは、先進国の中では突出している。

たとえ脳死を人の死と認めるのが嫌だとしても、せめて心停止後の腎臓提供ぐらいは考えて欲しいと思うのは、傲慢な要求なのだろうか?


追記:
ネット上では、この問題でどんな情報があるのかと思ってググってみたら、色々出てきたので紹介しておきます。

まず、こんな放送があった事を知りました。どこかで見れないかな~?
富山テレビ制作の、第18回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品
『生きてほしい ~進まない臓器移植と意思表示~』

また、早稲田塾の坂東太郎氏が、日本の進まない臓器移植がどのように批判されているのかを以下の記事で解説してます。
「進まない日本の臓器移植と海外からの反発」

また、こちらにも、WHOなどから日本が批判されている事が書かれていました。

以上、参考まで。


コメント

  1. sv400s_dracin | URL | -

    学校教育と啓蒙活動…

     こんにちは…あっちこっちでとぼけた事を振りまいてるsv400s_dracinです…
     学校で積極的に啓蒙教育をしてもらう事が、時間はかかりますが、一番効果的なように思います…「国民の義務」みたいな感じでしょうか…「献体の義務」+教育の義務・勤労の義務・納税の義務…相当、無理がありますけど…お金には、ならないので、期待は出来ませんが『がんばれ、メディア』とでも…こういうお金にならない事(啓蒙活動)こそ、行政に期待したいんですけど…近頃は、行政に競争原理を持ち込むの事が流行なので、行政に期待するのは無理かと…
     脳死が是非は、より精度を高めてもらう事ぐらいしか、医学に門外漢の私にはありません…移植手術という治療ですよね…クローンもダメでしたっけ?…脳死はどうしても、ゆるせないということなら…座して死を待て ということなら…いいすぎですね…海外への移植手術渡航への援助でもしてはどうでしょう…もっとも、日本人はだめだけど、海外なら良いって、私にはよくわかりませんし、受け入れ先の国も戸惑うんじゃないでしょうか…

  2. Looper | URL | QpqRtz9Y

    Re: 学校教育と啓蒙活動…

    sv400s_dracinさん、こんにちは。

    >  学校で積極的に啓蒙教育をしてもらう事が、時間はかかりますが、一番効果的なように思います…

    確かに、脳死は人の死として心臓死以上に適切であるという事は、きちんと教育すれば誰でも理解できることだと思います。と同時に、脳死かどうかは素人には判断できないので、心臓が動いていて、体温もある状態では「死」として感情がなかなか認められない、というのは当然の事だと思います。ですから、脳死判定も、家族に「あー、本当に完全に脳死になってしまったんだ」と微塵の疑いもなく思ってもらえるような方策の開発が望まれると思っています。それがきちんとできれば、体が冷たくなって本当に死んでしまったんだと納得出来ていたのと同様の納得を、家族がすることが出来でしょうね。

    ただ、提供を「義務」とまでするのはまずいと思っています。
    あくまで、自主的であるべきでしょうね。
    今の日本の問題は、提供する・しないの意思表示をしていない人が圧倒的多数という事です。
    日本人は、自分が死んでからのことには、まるで関心がないのでしょうかね?

    >  脳死が是非は、より精度を高めてもらう事ぐらいしか、医学に門外漢の私にはありません…移植手術という治療ですよね…クローンもダメでしたっけ?

    クローンの実用化にはまだまだです。
    それまでは、移植しか方法がありません。

    > もっとも、日本人はだめだけど、海外なら良いって、私にはよくわかりませんし、受け入れ先の国も戸惑うんじゃないでしょうか…

    そうなんです。
    追記でも書いておきましたが、その姿勢は、WHOなど他国からは厳しく批判されています。
    でも、現状で助けようと思ったら、いくら文句を言われようともそれしか方法がないのです。
    富山テレビのドキュメンタリー記事を見ていただくと、それがよく分かります。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://looperblog.blog52.fc2.com/tb.php/43-474fec3d
この記事へのトラックバック

臓器取引と移植ツーリズムに関するイスタンブール宣言

臓器取引と移植ツーリズムに関するイスタンブール宣言 国際移植学会 2008年 5月 2日、イスタンブール(翻訳 日本移植学会アドホック翻訳委員会) 序 言  臓器移植は、20世紀の医学的奇跡のひとつである。世界中で数十万人の患者の生命を救い、その生活を改善してき...




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。