--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「陰謀論」の危うさ

2009年12月18日 17:19

先日、とある場所でのとある「九条の会」の催しで、「九条の会」運動では有名な大学教授Kさんの講演会に参加した。
そこで、Kさんは、なんと「のりぴー陰謀論」を軸にお話を展開されたのだ。

簡単に内容を紹介すると・・・

8月4日から始まったのりぴー報道は、国民の目を大事な政治問題から逸らせるためだった。
アメリカの産軍官複合体の息の掛かった企業と、日本の主要な財界を担う企業がスポンサーをやってるのがワイドショーである。
8月4日の重要な事件を国民の目から逸らしたのだ。
8月6日広島の式典が、通常ならワイドショーは15分は報道するが、今年は3分ほどだった。
オバマのプラハ演説に応えた、広島秋葉市長の広島宣言の報道は封じ込められた。
8月9日の長崎、8月15日の終戦記念日の報道が、全てのりぴー報道で消された。
のりぴーはアジアのスーパースターだから、アジアへの報道も消された。
で、その8月4日には、クリントンが訪朝して逮捕されていた2人を救い出し、米朝会談をした。
この会談は、オバマ戦略に沿った北朝鮮の非核化への動きだったが、これを隠したかったのだ。
また、細川政権時代のカーター訪朝事件を思い出す事も阻んだ。
クリントン政権は、北朝鮮の核疑惑を利用し、北朝鮮をソ連に代わる敵国に作り上げ、日本に日米安保をソ連崩壊後も継続させるための陰謀を仕組んだが、これを思い起こさせたくなかったのだ。
などなど・・・

これら全てが、のりぴー報道によって意図的に隠されたのだと主張した。

他にも、
細川政権崩壊の理由も、実は北朝鮮有事だった。
小沢一郎は、その陰謀の中心的役割を担った。
社会党に安保自衛隊を認めさせたのも、自民ハト派を潰したのも、アメリカから指令を受けた小沢たちの陰謀だ。

などなど…とても書ききれない…orz

一事が万事、この世の歴史は、すべて陰謀で動いていると言いたいようだ。

正直、「九条の会」のトップがこれではダメだと、唖然・呆然としてしまった。
自分が「九条の会」をやっていることすら恥ずかしくなった。

これでは、たとえどんな真実を一緒に語っていたとしても、すべてが丸ごと信憑性が無くなってしまう。
これが、不確かな「陰謀論」を安易に持ち込むことの危険性だ。

他にも、不正確な主張がかなりあった。
例えば、「PAC3は実験で一度も成功したことが無い」とか…
実戦条件には程遠いが、「一度も成功したことが無い」というのは嘘だ。こちら

陰謀論は物語としては確かに面白いのかもしれない。聴衆を楽しませるには良いのかもしれない。
しかし、運動にそうしたものを持ち込む必要など全くない。
裏に陰謀があろうがなかろうが、駄目なものは駄目という運動を作ればよいだけだ。

むろん、私はすべての陰謀の存在を否定する立場をとるわけではない。
トンキン湾事件など、あとから陰謀だったと証明される場合もある。
しかしあの時、まだ不確かだった状態で、「あれは陰謀だ」という解釈をベトナム反戦運動に持ち込んでいたら、あれほど広い運動になっただろうか?

普天間基地問題でも、以下のような話が今流れている。
「米軍は沖縄海兵隊のほぼすべてをグアムに移転させる計画をもっており、日本の外務省はそれを知りながら隠している、宜野湾市長の伊波氏がアメリカ側の資料からその事実を把握し、9日東京で関係官庁や政治家に伝えているが、大手マスコミは正確な報道をしていない」
「辺野古に基地をつくりたがっているは、この巨大公共事業の利権に群がってる自民党の議員や防衛省の官僚や軍需専門商社や土建屋だ」

こうした話にも、すぐに飛びついて喜んだり、頼ったりしてはいけない。
そこに頼ってしまい、もしガセであったと分かったなら、それこそ運動が潰れる危険さえある。
そんな裏があろうがなかろうが、普天間も辺野古も要らないという運動をこそ広げることこそが大切なのだ。

ましてや運動のリーダーは、「陰謀論」を安易に受け入れる事の危険性を決して忘れてはならない。


コメント

  1. sv400s_dracin | URL | -

    陰謀論ですか…

    はじめまして…勝手にファンです…
     私がいった「北区9条のつどい」が「陰謀論をぶつような講演会」でなくて、よかったです…「9条の会」に行ったのも初めてでしたが、「湯浅さん」の話は怪しげでなくてよかった…安心…「陰謀論っぽいこと」をひとことでも聞いたら、5分で会場を後にしてるところです…他の聴衆の方々は疑問を持たずに聞いてたのでしょうか?

  2. Looper | URL | QpqRtz9Y

    Re: 陰謀論ですか…

    sv400s_dracin さん、はじめまして。
    ようこそおいでくださいました。

    > はじめまして…勝手にファンです…

    すぐにがっかりさせちゃうかもしれませんが、ありがとうございます。

    >  私がいった「北区9条のつどい」が「陰謀論をぶつような講演会」でなくて、よかったです…「9条の会」に行ったのも初めてでしたが、「湯浅さん」の話は怪しげでなくてよかった…安心…「陰謀論っぽいこと」をひとことでも聞いたら、5分で会場を後にしてるところです…

    これは、なんという奇遇でしょう!
    実は私も会場にいたんですよ。
    バイク乗りというのも同じですね。
    湯浅さんのお話は、一切不確かな事は持ち出さず、緻密で、具体的で、理路整然としていて、それでいて弱者への温かみが感じられ、本当に素晴らしかったです。自分は「貧困」について何も知らなかったのだなと思い知らされました。

    先日の「とある方」とは、まさに対照的な講演でした。

    > 他の聴衆の方々は疑問を持たずに聞いてたのでしょうか?

    「目から鱗でした~」と感激していた方と、「ホントかな~?」という懐疑派に分かれていたように思います。私と同意見の方も少数ですがいらっしゃったようですよ。

  3. キンピー | URL | -

    No title

    >米軍は沖縄海兵隊のほぼすべてをグアムに移転させる計画をもっており

    これはアメリカのトライアングル(グァム・ハワイ・アラスカ)戦略ですので、陰謀とは違って、こちらの方が正規の戦略で、主力はグァムに引揚げてコンパクトに配置し、太平洋の軍義的プレゼンスを維持しようというものです。
    これは東欧への配置換えと、脅威ではなくなった中国への配慮なのですが、日本に基地を置く理由はご存知のとおりコストが安いからです。
    実際、極東(に限ると)における第7艦隊の役割は、台湾有事と朝鮮半島有事が考えられますが、台湾はご存知かと思いますが、米中の接近をみて乗り遅れまいと中台関係改善に乗り出し、今では中国とズブズブの関係になっています。
    これはそうしなければ、台湾が孤立してしまいますから当然の選択なのですが、仮に中国が軍事力で台湾を掌握しようとしても、中国が台湾の制空権を掌握するまでに、時間はかかるでしょう。
    現在、中国は中型空母を建設中ですが、それをもってしても制空権の掌握に少し有利な程度で、絶対的有効なカードではありません。
    その間にグァムからの援軍を差し向けることができますので、防衛上問題はありません。
    あと韓国ですが、北朝鮮がスカッドミサイルを撃てば、ソウルは火の海ですので、もともと防衛のしようがありません。
    もちろん北朝鮮も壊滅的打撃を受けますので、このシナリオは双方に大きな傷を残して北朝鮮が消滅するだけのものですから、よほど切羽詰まった状態にならなければ、北朝鮮はこのようなシナリオを選択しないでしょう。
    しかし都市への攻撃をせず、主に陸軍主体の衝突であれば、グァムから米軍が到着するまで持ちこたえられるでしょうから、沖縄に基地を置かなければならない必然性はありません。

    アメリカからすれば、このまま日本に居つづけても、全体の戦略にはさほど影響の無いことから、「出ていけというのなら、立退き料を払え」といってくることは十分想定できますが、それは「一応言ってみるだけ」であって、ヤクザのしのぎと同じです。
    一度お金を出すと「また次も」ということになりますから、機会を見て(政権交代など)全面的に支払いを拒否するのがよろしいかと。

    あ、肝心の日本の防衛ですが、今のままでも十分ですが、専守防衛の範疇で今の軍事的プレゼンスを保とうとすれば、駆逐艦・潜水艦計15隻程度と、輸送機・給油機・戦闘機を補充すれば事足ります。
    しかし、そうなると軍拡競争に陥るでしょうから、現在の日中の経済状況を考慮すると、現状をしばらく維持し、中国に対して軍縮を求めていくのがよろしいかと。

    仰るように普天間も辺野古もいらないという世論を高めることは重要です。
    これが無いと話になりませんし。
    だからこそ、日本の安全保障を正面から見据えて、どうすればもっと安心して暮らせるようになれるのか。たとえば9条を中心に据えた安全保障はどのようなものがあるのかを、提示していく必要もあるように思います。
    とりあえず、実績のある軍縮と武器の管理での安全保障の強化を中心に据えてみるとか。

  4. 論理派 | URL | 5j/FW4Ss

    よろしくない

    酒席でネタとしてつまむ分にはまだしも、何らかの運動で牽引者が、それも多数へ向けての講演で口にしていいことではない。

    善意、あるいは無邪気によるものだろうとは想像するのですが、こうした陰謀観にあけすけなまでにコミットできてしまう心性は、我々の中にある一種の陥穽として常に警戒しておかなければならないでしょう。

  5. Looper | URL | -

    論理派さん

    > 酒席でネタとしてつまむ分にはまだしも、何らかの運動で牽引者が、それも多数へ向けての講演で口にしていいことではない。

    そう、与太話としてはOKですが、講演会で年に200回も話すような内容じゃない。
    そんな事してたら、「9条の会」運動にとって大変なマイナスです。
    それを自覚すべきなんです。
    だから、あえて直接本人には苦言を呈しておきました。
    恐らく、こんな苦言を言う人は少ないのでしょうけどね。

    > 善意、あるいは無邪気によるものだろうとは想像するのですが、こうした陰謀観にあけすけなまでにコミットできてしまう心性は、我々の中にある一種の陥穽として常に警戒しておかなければならないでしょう。

    自分に都合が良い、耳触りが良い事は、ついつい無批判に受け入れてしまいがちです。
    人とはそういうもんだと常に自分自身をこそ疑う事をしないとね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://looperblog.blog52.fc2.com/tb.php/19-86fd6335
この記事へのトラックバック

日曜日よりの使者…R428は面白かったという雑感…北区9条のつどい

 じつは「北区9条のつどい」を見に行ってみたR428は面白かったという雑感…北区9条のつどい…  ツーリングを兼ねてバイクで出かけた。うーん、たぶん主な目的はツーリングだな…私はまだまだ、関西の地理に詳しくないので…あっちこっち丁稚…「そーだ、神戸へ行こう?...




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。