--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4.14 神戸集会主催者から共産党への返信ー共産党問題(2)

2013年04月14日 08:56

今回は、前回紹介した3/31付けしんぶん赤旗で参加拒否を表明されてしまった集会の主催者代表である佐藤氏から共産党への返事(4/2付け)を紹介する。

まず、以下の文面を読んで欲しい。



                                                   
2013/4/2
日本共産党中央委員会 様

「4/14止めよう壊憲!護憲結集!討論集会」実行委員会代表  佐藤 三郎

参加要請に対するご回答 ありがとうございました
 
まず貴党の「不参加との回答とその理由」とされる内容を何度も読み直し、大変残念に思うとともに、貴党に本討論集会の目的や趣旨への大きな誤解を与えてしまっていることに初めて気付き、呆然としていました。 3月31日付け「しんぶん赤旗」の紙面にても、「建設的な意見交換とは無縁」とのタイトル付きで「回答」が公開されていることも知り、再度文書をお送りする次第です。
  
私たちは、昨年末の総選挙での自民党の圧勝と改憲を目指す安倍内閣の誕生、そして護憲政党の議席減を目の当たりにし、憲法が壊される戦後最大の危機に直面し、それを阻止するためには我々には何が出来るのか、何をすべきなのかを、憲法を守りたいという思いを共有する党派を超えた人たちの知恵を持ち寄りって、非常事態打開の芽を探りたいと焦りにも似た危機感に突き動かされて、この集会を企画しました。

回答で指摘されているような、「政党が正規の機関で決定した総括や方針を、公開討論で変えさせよう」とか、「政党への不当な介入、干渉」をしようなどは、私たち主催者側も、もちろん賛同者になってくださった皆さんも、なんら念頭に置いてはおりません。  

また、貴党の回答では、講師のブログなどでの発言内容を問題視され、その『「広原提言」を受けて、広原氏を「講師」に、政党代表と「忌憚のない意見交換」は、…建設的な意見交換の場になりえない』とされています。
しかし、広原さんのブログの発言は、革新・護憲勢力再生への広原さんご自身のご意見を表明されたものであり、広原さんを講師に迎えたからといって、その集会が広原さんのご意見を肯定する人のみの集まりではありませんし、ましてや「討論集会」として様々な意見交換を主目的とした集会において、特定政党の自主的活動への介入などの意思があるはずもなく、そもそもそんな可能性すらもありません。
むしろ、講師・政党・市民が、異なる意見も含めた建設的な討論こそが主催者側の希望であり、本集会に賛同してくださった多くの方々も、なによりも思想・信条・党派の違いを超えて、開かれた討論が今大事である、との本集会の趣旨にご理解を頂き賛同してくださっています。

集会案内などでの講師発言の紹介の仕方が、講師の他の場面での発言を前提とした集会であるとの誤解を、貴党に与えたのであれば、それはあくまで講師紹介が目的であったことをご理解頂きたいと願うとともに、今後配布する案内ビラ等の文面の必要な訂正もさせて頂きたいと思います。
 
「思想・信条・党派の違いを超えて、憲法改悪反対の国民的多数派の結集、改憲派を圧倒する世論形勢に全力を尽く」されている貴党に置かれましては、その目標達成に、「今私たちには何をすべきなのかの開かれた議論を」という本集会の趣旨を、どうかご理解頂き、貴党からの参加・提言も頂ければと心より願うものです。


[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。