--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学と科学ではないもの

2011年10月05日 12:14

科学&共産党ネタです。

先日、光文社新書の『もうダマされないための「科学」講義』という本を買って読み始めました。
阪大の菊地誠さん他の共著で、科学とは何か、科学と哲学、報道との関係などのの解説があります。とりわけ、3・11以後問題となった科学コミュニケーションの問題、科学デマの問題など、大変分かりやすく書かれていて、この問題に関心のある方には必読の本だと感じます。

で、なぜこれが共産党と関係するか?ですが、私が10年以上一貫して間違いだと主張してきた共産党の方針が、非科学であることを菊地誠さんが分かりやすく解説してくれていたからです。

第一章の「科学と科学ではないもの」の中で、練習問題として、中学生のテスト結果と朝食を摂る頻度の比較をした図(文科省作成のもの)を示されていて、この2つに綺麗な相関関係があることがわかります。そこで、朝食を摂るようにすれば、成績がアップするのでしょうか?という問いが発せられています。

で、これはそうではないのですね。生活態度や家庭環境が朝食の有無に表れていると考えるのが自然で、だとすると、朝食をよく摂る生徒は勉強も良くしているという事は十分にあり得るわけです。結局、よく勉強する子供は、勉強もできるし、朝食もきちんと摂るという事です。だから、朝食を摂るようにしても、勉強するようにならなければ成績アップは望めません。

つまり、朝食と成績には相関関係はあるが、「因果関係」は無いという事です。

これと全く同じ間違いをしているのが、いつの間にか消えた機関紙130%増の目標に始まり、この10年以上こればっかりと言ってもいいぐらいやっている「赤旗拡大」を最優先する方針です。この震災問題が焦眉の今この時でさえ、特別月間とかいう「赤旗と党員を増やせ!」にほぼ全勢力をつぎ込んでいます。

根拠は、国政選挙での共産党の基礎票は、赤旗新聞の約2倍であるという試算から来ているようです。

確かに、得票数と機関紙部数には相関関係はあります。
では、そこに「因果関係」はあるのでしょうか?
赤旗の購読数が増えれば、その2倍の票が増えるのでしょうか?

はっきり言って、それはありません。
赤旗の購読数も、得票数も、どれだけ共産党が国民から支持され、期待されているかのバロメーターに過ぎないからです。
成績と朝食の関係と同じなんですね。
単に赤旗の購読数だけを必死に増やして一時的に嵩上げをしたとしても、そもそもの支持が増えなければ得票も増えません。逆に、押し売りのように強引に購読をさせて嫌われたら、得票は減ってしまう可能性すらあります。

得票を増やすには、「共産党は良いこと、大事なことを、地道によく頑張っている」と国民に注目してもらい、支持してもらえる活動こそが一番大事なのです。

ですから、この緊急時に、拡大月間なんぞやっていては話になりません。
もしやるなら、「被災地応援・支援」月間でしょう。
「やっぱり困ったときは共産党だ」「弱者の気持ちが分かるのは共産党だ」という活動を全国で展開することこそが今まさに必要なのです。

阪神大震災後の被災地の全ての選挙で共産党が大躍進したのは、共産党が支援活動を必死でやっていたのを皆知っていた、そこへの強い信頼と感謝の気持ちが高まっていたからです。赤旗が増えたからじゃない。

この相関と因果を取り違える間違いを10年以上も正せないようでは、「科学の党」を語る資格はないでしょうね。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。