--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今こそ、正確な情報を

2011年03月26日 12:26

東日本大震災において、被害にあわれた皆さんにお見舞いを申し上げ、犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。

この大震災は、未だに被害の全貌が分からないのには愕然としますし、あまりにも非日常が続く現状に取り乱さないほうが可笑しいのは分かります。自分も、この間あたふたと走り回っておりましたので同類です。

おまけに、福島原発の状況は、放射線被害は目に見えないし、広島・長崎の原爆を経験している日本人には、放射能被害の重大性は、小さい頃から頭にたたき込まれていますので、冷静になれという方が無理なのかもしれません。政府などからの発表が情報不足である事も、この不安に拍車をかけているのは間違いないでしょう。

ところが、この不安につけ込んで、扇動家たちが非科学的なデマで危機を煽り始めました。
その代表格は、やはり広瀬隆氏でしょう。

「ニュースの深層3/17(木)」での出演が以下のYouTubeで公開されています。



マグニチュードを改ざん?
体内被曝は1兆倍?

などなど・・・
いやはや、デマだらけです。

ところがこういうトンデモから、反原発運動はずっと抜け出せないできた。
だからこそ、これまで十分に市民権を得られずに来ているのである。
このときに、またこんなデマ・トンデモに乗っかってたら、今回も運動を潰しちゃう事になるだろう。

今こそ、科学リテラシーを大事にした原発反対運動を盛り上げないといけない。
そのためには、広瀬隆なんて扇動家はさっさと排除して、以下のような情報をこそ学ぶべきです。

「福島原発の放射能を理解する」
チェルノブイリとの区別が付いていない人、メルトダウンと再臨界の区別が付いていない人などは必読です。

放射線は「甘く見過ぎず」「怖がりすぎず」(八代嘉美)
「適度に怖がる」というのは、本当に正しい指摘です。

原子力資料情報室(CNIC)
こちらは、やや一面的でバランスを欠くと思われる時もあるが、基本的にデマは流していない。

以上、参考まで。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。