--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰謀論について考えるイベント

2011年01月31日 20:04

複数の友人が係わっているので、紹介しておきます。

市民社会フォーラム「911事件を考える連続イベント」

911WiKi

もはや廃れてきた例の911自作自演説を宣伝する内容のように誤解されかねませんが、むしろモチベーションは逆のイベントです。

まず、磯部先生の講演は必見です。
磯部先生は、制御解体説も含めて、WTC1/2の崩壊のメカニズムを徹底的に科学的に追求されてきた研究者です。
そして、はっきりと「制御解体」を示唆するような事実は一切無かった事を論文にも書かれている。
しかも、NISTの説では不十分だとして、独自のスプリングバック説を提唱されている。
陰謀論者が「制御解体でしかありえない」と騒いだあのツインタワーの崩壊の仕組みの解明は、今どこまで進んでいるのか?今どこに謎が残っているのか?純粋に科学の立場から報告して貰う、初めての試みです。
この日が、日本での「制御解体説」最後の日になるかもしれません。

日時 3月13日(日)14:00~16:00(13:30開場)
会場 関西学院大学・梅田キャンパス1405(14階)
http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html
講師 磯部大吾郎さん
(筑波大学大学院システム情報工学研究科 構造エネルギー工学専攻准教授)
参加費 1,000円(資料代込)
主催 磯部大吾郎先生講演会実行委員会/市民社会フォーラム

その翌週のきくちvs菊池対決も、これまた画期的で必見の企画です。
日本の911陰謀論を引っ張ってきたきくちゆみ氏と、911事件の検証を求める科学者の会を作った西牟田教授のタッグに対し、kikulogで知られるきくまこさんこと、菊池誠大阪大学教授が、911陰謀説に関する討論会を行うのです。

菊池誠さんは、科学リテラシーのお話しを中心になさると思います。
結局、こうしたトンデモ陰謀説、ヒーリング、ホメオパシーなどなどを信じてしまうのは、根底には「科学リテラシー」の欠如があるからです。どうして平和活動家の多くは、そんなトンデモを信じてしまうのか?が裏のテーマになるかもしれません。

911を検証する公開討論会
―WTC3つのビル崩壊とペンタゴン攻撃を中心に―
日時 3月19日(土)13:30~16:30(13:00開場)
会場 阿倍野市民学習センター講堂
http://www.osakademanabu.com/abeno/
参加費 1,000円(資料代込)

私も参加します。
みなさんもどうぞご参加下さい。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。