--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イニエスタのシュートをやっと観られた

2010年07月13日 17:54

選挙もWCupも終わったので息抜き。

正直スペインが勝って嬉しかったです。
オランダの汚いプレーがどうにも好きになれなかったので…
スペインはずっとフェアーで攻撃的なプレー、献身的で組織的な守備、そして圧倒的に華麗で想像力溢れるパスサッカー。

どれをとっても凄い!お見事!で、見ていて本当に楽しいサッカーをしてくれた。

4位に終わったけど、ウルグアイも素晴らしかった。ファンになりました。
スペインと共通する、フェアーで、かつ集中を切らさず、チームがコラボするプレーが光っていた。
日本が目指べき方向は、やっぱりこれなんじゃないカナ?

で、「そこシュートだろ!なんでまだ持ってくんだよ!」って、なんどもツッコミを入れることがあったイニエスタ。華麗で正確なテクニックと視野の広さは圧倒的で、あんな小柄で華奢で足もロッペンみたいに速いわけじゃないのに、トラップ一つで抜いてしまうもの凄さ、なんなんだあれは?と改めて驚愕しっぱなしだった。

体力的に欧米人に劣る日本のサッカー少年たちも、シャビやイニエスタを目標にするのがいいんじゃないだろうか?

ところが、イニエスタさんは、なぜか滅多にシュートを打ってくれない。今打てるだろ!って思う場面でも、まだスペースに切れ込もうとする。シュートよりもパスやドリブルの意識が高すぎるのだろう。

でも、さすがにあの最後のフリーの場面ではビシッっとシュートを叩き込んでくれた。
思わず、「それだよ!それが見たかったんだよ!イニエスタ~!」と叫びそうになった。(が、近所迷惑なので、頭の中だけにした)

まっ、チリ戦でも一発決めているんだけどね。

ともかく、スペインの初優勝おめでとう。
世界の誰もが優勝に相応しいと納得できる優勝チームだと思います。

なお、もっとちゃんとした解説が欲しい人は、sv400s_dracinさんちに行ってくださいね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。