--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全面無罪判決

2010年06月25日 18:31

千葉地裁で22日、裁判員裁判では初めての全面無罪が言い渡された。

http://www.asahi.com/national/update/0622/TKY201006220163.html

裁判員制度導入で、一番期待していた効果が遂に生まれ始めた。
とても嬉しい。

被告人が本当に罪を犯していないのかは本人にしか判らない。
でも、裁判員として参加した市民は、被告人には疑わしい点があったとしても、客観的に有罪を決定付ける証拠が無い限り、裁判の基本である「疑わしきは罰せず」、「疑わしきは被告人の利益に」に、忠実に従おうとしたんだという事が、以下の毎日の記事からも分る。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100623ddm002040030000c.html?link_id=RSH05

裁判員たちは会見で「確実な立証は一つもないと言える状況」「この人がやったと言いきれる客観的な証拠がなかった」と相次ぎ検察側立証を批判。缶の重さについて裁判員の一人は「300グラムくらいの違いは分からない」と一般常識を強調し、証人の少なさを指摘したり税関検査の撮影を求める声もあった。

素晴しいです。裁判員を勤められた皆さんに敬意を表します。
そう、これまでの裁判は「疑わしきは罰する」だったのです。
無罪の確実な証拠がなければ、以前であれば、まず間違いなく有罪になったであろうと思います。
こうした無罪判決は、これからもっともっと増えていくでしょうし、当然その結果として冤罪も減っていくことは確実です。

裁判員制度の議論では、愚衆感情で動きがちな日本人には向かないとか、法廷がリンチ場になるなんて事さえ言ってた人がいたが、これまでの所は裁判員を勤められた市民の皆さんの見識の高さと誠実さこそが目立っている。

今回の無罪判決は、市民の手に裁判を取り戻す大きな一歩になったと思う。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。