--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスタリカの真実

2010年06月28日 16:27

護憲派の集会では、よくコスタリカを「日本の憲法9条を実践している国」「軍隊の持たない平和な素晴らしい国」と持ち上げて取り上げます。

伊藤千尋氏なんかは、その代表の一人でしょう。
http://www.magazine9.jp/interv/chihiro/index.html
http://www.jicl.jp/hitokoto/backnumber/20050808.html
これを読むと、本当に素晴らしい国で、日本もそうなって欲しいと誰もが願うでしょうね。

「日本における唯一のフリーランスコスタリカ研究家」を自称される足立力也氏なども、
『「丸腰国家」コスタリカの真実』という本などを出している。

で、そんな素晴らしい国なら移住しようという日本人が増えているらしい。
ところが、行ってみると治安は悪いわ、貧富の格差は酷いわで、全然イメージが違ってると怒り出す方もいると聞く。

いや、実際にその素晴らしさをツアーで見学して来た。という方もいらっしゃる。
しかし、それはプログラムされた観光であり、本当の真実を見て来た訳では無いのだ。
おまけに、とかく自分が受け容れたくない事実は見ようとしないものである。

では、本当のコスタリカの姿とはどんなものなのか?
を知りたければ、まずこちらの加瀬氏のサイトをお勧めする。
http://www.japancostarica.com/paper/index.htm

加瀬氏は、コスタリカに15年以上住み、コスタリカの旅行専門会社を経営されている方で、コスタリカの裏も表も知り尽くしている方である。
この加瀬氏が、日本で流されてるコスタリカ美化論について書かれているコラムがある。
加瀬氏ご本人のご意見も大変参考になるが、それに加え、

中南米研究者として著名な新藤通弘氏の論文や、

ラテンアメリカの歴史などの研究者で、自身もコスタリカで大学院を過ごし、「コスタリカの歴史」というコスタリカの教科書の和訳本を出されたりしている小澤卓也氏の論文 などを紹介している。

これらの3人に共通している視点は、「ありのままに見る」という事だろう。
良いところだけを抽出して美化したり、悪いところだけを抜き出して非難したりなどしない。
これは、硬い表現をすれば「科学的に見る」という事である。

こうした方たちの冷静な視点からの論文を読むと、伊藤千尋氏や足立力也氏の展開している「コスタリカ美化論」の危うさ、これを護憲運動で展開することの危険性を強く感じざるをえない。
これらは、陰謀論ですぐに語りたがる平和運動家と共通の危うさを秘めている。 

最後に、私が特に感銘を受けた小澤卓也氏の論文中の一文を紹介しておく。

コスタリカを参考にして日本の平和を再考する試みは、すばらしい。だが、そのためにはコスタリカの「平和」の長所と短所を客観的に見きわめるところから始めなくてはならない。平和社会を目ざすコスタリカ人の姿から謙虚に学びつつも、同時に彼らが抱える問題点もしっかりと受け止め、その解決についてともに考えていく姿勢が求められる。私たちがなすべきことは、コスタリカの「平和物語」に浸って現実逃避することでもなければ、「ほめ殺し」を介してコスタリカの人びとと浅薄な連帯を築くことでもない。日本とコスタリカのあらゆる人びとの平和のため、友好的で相互協力的ではあるが、生産的な相互批判の精神も失わない二国間の「大人の関係」を構築することが急務なのである。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。