--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「脳トレ」効果に疑問

2010年04月21日 14:44

任天堂DSなんかで大流行している脳トレだが、その効果を疑問視する実験結果が出たと報道されている。
ちなみに自分はやったことはない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100421-00000518-yom-sci
英で1万人を対象に実験を行ったが、脳の機能を高める効果が見られなかったというのである。

実は、この脳トレシリーズは、まともな脳科学者の間では以前より科学的根拠がないと批判されていたのであるが、それがこのような大規模な実験でも明らかとなった訳だ。任天堂はニセ科学を根拠に商売をしていたことになるが、どう責任を取るのだろう?

これに限らず、昨今の「脳ブーム」で、巷には科学的根拠のない脳の迷信と、それを平気で広めるエセ脳科学者が溢れている。マスコミによく登場するあの方もそうだし、ゲーム脳なんて言い出した人もそうだ。
こうしたエセ科学を信じて教育を語る教育者もたくさん登場した。
実に困った事態である。

そうした「脳の迷信」を解こうとされているまともな脳科学者の一人が大阪大学の藤田一郎教授だ。

脳ブームの迷信 (家族で読める family book series) (家族で読めるfamily book series―たちまちわかる最新時事解説)脳ブームの迷信 (家族で読める family book series) (家族で読めるfamily book series―たちまちわかる最新時事解説)
(2009/11/13)
藤田 一郎

商品詳細を見る


YouTubeにも、昨年のニセ科学フォーラムでの講演が上がってるが、素晴らしい講義でとても参考になる。
http://www.youtube.com/watch?v=Q7z3DSuD6tw

脳トレに限らず、脳に関する迷信、非科学の蔓延には驚く事が多い。
脳死の問題も同様だ。

「脳死」について正確に知りたいと思うなら、まず第一に次の本をお勧めする。
改訂新版 脳死とは何か (ブルーバックス)改訂新版 脳死とは何か (ブルーバックス)
(2004/12/17)
竹内 一夫

商品詳細を見る


竹内氏は、脳神経外科の医師として、極めて誠実に「脳死」についての科学的・社会的問題について考察されている。

脳死判定は、確実性が何よりも大事なのは言うまでもない。
だから、例外のありえない、より確実なものへと改訂していくべきことは当然だろう。
立花隆氏などが主張している脳の血流が無いことを調べる事も必要かもしれない。

しかし、脳死に至った人が、蘇生することは絶対にない。
もし生き返ったら、それは「脳死」ではなかった、「脳死判定」が間違っていたということ。
まず、そこからすら混同した議論が巷には溢れているように思う。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。