--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アフガン戦争を憲法9条と非武装自衛隊で終わらせる』(2)

2010年04月03日 10:39

<書評の続きです>

打開すべき問題はいくつもある。
・ 形勢不利となっている対テロ戦の戦局をどう転換・挽回するのか?
・ 誰が、どのようにタリバンら「敵」との「対話」を進められるのか?
・ 過激思想のタリバンが生まれ続ける根をどう断ち切るのか?
などなど、

伊勢崎氏は、決定的な打開策はないとしたうえでだが、まさにこの本でこれらの問題の打開策を示そうとしている。
そして、日本こそが、このメインプレーヤーになるべき資格と責任があるのだと訴えている。

この本では、具体的にその方策を練るため色々な当事者たちと協議を重ねてきた経過が報告されている。
元タリバン幹部、カルザイ大統領、アフガンの女性議員、NATO軍の司令官、アフガン・パキスタン・サウジの大使などなど・・・これだけでも凄い!

その結果として生み出された具体策が「SSゾーン構想」であり、ISAFからもそれへの支持を取り付け、その具体化のために開催されたのが「11・23東京会議」。会議で出されたコミュニケが末尾に載せられている。

Shared Security Zone: SSゾーンとは、名前の通りSecurity(安全保障)をShared(共有された)地域の事である。安全保障の責任を共有するのは、まずパキスタンとアフガニスタン両国、そしてその地域コミュニティーが想定されている。具体的にそれをどう作り、そこで何をするのか?は、是非本をとって読んでほしいし、書かれている事以外にも色んな事が出来そうに思う。しかし、一番大事なのは、このプランが何を目的にしているのか?だろうと思う。
スポンサーサイト
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。