--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アフガン戦争を憲法9条と非武装自衛隊で終わらせる』(1)

2010年04月02日 09:29

伊勢崎賢治氏が新しい本を出された。

で、実はこの本の編集に係わった「お玉おばさん」と、企画をされた「超左翼おじさん」から、本が出たらぜひ書評をブログに書いて欲しいと以前よりお願いされていた。というか、お願いされなくても楽しみにしていた本だったからどうせ読むつもりだったのでお引き受けした。まー、もっともこんな過疎ブログに書いても宣伝効果は無いに等しいとは思うけどね。(笑

アフガン戦争を憲法9条と非武装自衛隊で終わらせるアフガン戦争を憲法9条と非武装自衛隊で終わらせる
(2010/02/16)
伊勢崎 賢治

商品詳細を見る

で、実はずっと以前に書き終えていたのだが、どうもなんかこの本の凄さをうまく表現出来ていないなという思いが強くて何度も読み直したりした。でも、自分の文章能力の無さを諦めてアップします。また、ちょっと長いので、2回に分けることにします。

この本は端的に言えば、アフガン平和構築のために真剣に実際に行動し続けている伊勢崎賢治氏の活動の中間報告書だ。そして、この本で示された提言実現のために氏は引き続き行動している。この氏の提言を我々がどう受け止め、具体的に氏の活動をどう支援できるのか?が、読者に問われているように思う。

で、第一印象は、やっぱり伊勢崎さんは、建築が元々専門だけあって発想がアーキテクトだと思った。
一見実現不可能と思える難題でも解のアイデアを出し、それを具体的化、現実化させるようデザインしていく。
まるで「劇的ビフォ―アフター」に登場する色んなアイデアで難問解決しちゃう建築家のように、アフガンの難問解決への具体的なアイデアを構築していく。

主な内容は、現在のアフガン情勢を分析し、それをベースにしたアフガン平和構築の構想と、その実現のために開いた「11・23東京会議」の報告などだ。とりわけ、日本主導で国連を動かし、非武装自衛隊を軍事監視に派遣する案を提案している。アフガン国民の日本への信頼(「美しき誤解」かもしれないが…)を要にした「SSゾーン構想」である。
スポンサーサイト
[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。