--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Just war

2009年12月22日 17:24

オバマ大統領のノーベル賞受賞スピーチが、「正義の戦争」を肯定したという文脈での批判が多く見られるという話は既に記事を書いたとおり。

ただ、「Just war」を「正義の戦争」という訳をすると誤解を受けやすいと思う。
これは、かつて戦争主導者が自分論理で「正義」だと宣言した「戦争」の意味合いではない。
オバマ氏が現アメリカ合衆国大統領であるという点も誤解を受けやすい。
アメリカと言う国は、そうした「自衛戦争」という手前味噌な「正義」を振りかざして、ドミニカ、グレナダ、パナマ、ベトナム、ニカラグアなどなど、他国への軍事的介入や侵攻を戦後もずっとし続けてきた歴史を持つ国だからだ。

しかし、「Just war」を意訳すれば、どちらかというと「正当性のある戦い、戦争」という意味合いだと思う。
大多数の第3者から見て、「あれは仕方ないよね、止むを得ないよね」と言ってもらえるだけの「正当性」を備えた「武力行使」や「戦争」の事である。

だから、オバマ氏が言っているのは、そうした国際社会から見て、正当性のある、止むを得ない「戦争」は、厳然としてまだ存在しているという事だ。そして、アメリカはそういう正当性を大事にすべしと言っている。これは、暗にそうでなかった事例があることを認めているようにも読める。

私は、この意味合いでの「Just war」は当然あると思う。

これを否定するということは、例えば、イラクがクウェートに侵攻した事を機に始まった第一次湾岸戦争での多国籍軍の派遣はダメだという話になるし、日本が北朝鮮からの攻撃を受けても反撃してはいけないという話にもなる。

オバマ氏は、今は無抵抗主義だけでは現実の紛争が収まらないケースがあるのだと言っている。しかし、その理想を捨ててもいけないとも言っている。

これって、日本国憲法九条が掲げる理想とそこにはまだ至っていない現実との話にとても似ているとは思いませんか?
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。