--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またデマが・・・ (追記あり)

2009年12月07日 00:19

また、あの方がこちらでデマを流していらっしゃいます。

それにしても、どうしてデマを流す前に調べないのか、本当に不思議です?

実は、私も共産党が都知事選で行ったあの国保証問題での浅野宮城県政批判は、若干言いがかり的要素があるとは思っていますし、浅野氏が宮城県でしたことと同じことを東京でもするとは限りません。

だからといって、デマを根拠に批判することは許されません。

> 共産党は、国保証の問題には、長いあいだ取り組んできたと、
> 言うのですから、県政と関係ないことも、

「県政と関係ない」というのは明確なデマですね。
県には市町村の指導責任が課せられていて、確か法律にも書かれていたはず。

> 宮城県だけの事情でないことも、当然知っているでしょう。

無論そうですが、同時に、県が指導を徹底している長野や沖縄などでは、ほとんど取り上げが無いことも共産党は知っていたでしょう。

>その上で、「浅野県政のせいで国保証の取り上げが増えた」
>などと言ったことになります。

はい、大多数の県と同様に指導を徹底しなかったから増えたのであり、それを批判したのでしょうね。
実際、遥かに低いレベルに抑える努力が出来ている県があるのですから、これ自体は嘘でもデマでもありません。

>国保証に関する業務が、県ではなく市町村であることは、
>ちょっと調べればわかることなのですが、
>ご存知ないかたも、たくさんいらっしゃると思います。

むろん業務自体は市町村が行いますが、県には何も関係ないかのような、ちょっと調べればわかる間違いを堂々と述べる方はほとんどいらっしゃらないと思います。

追記:
>県には市町村の指導責任が課せられていて、確か法律にも書かれていたはず。
ちょっとググったらすぐに見つかりました。
どうしてこの程度の手間すら掛けないのか?ホンマに理解不能です。

国民健康保険法
(国及び都道府県の義務)
第四条  国は、国民健康保険事業の運営が健全に行われるようにつとめなければならない。
2  都道府県は、国民健康保険事業の運営が健全に行われるように、必要な指導をしなければならない
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。