--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失笑系共産党支持者

2009年11月26日 12:06

アルバイシンの丘=パピヨンさんちのコメント欄で、以下のような私宛のコメントが書かれていますので、お返事しておきます。

> Commented by papillon9999 at 2009-11-25 20:00
>Looperさんとやら,わずらわしいからTBなんかするんじゃないよね。あなたが言いたいことがあれば自分の所で書いていればいいでしょう。


パピヨンさん、のっけから矛盾爆発ですよ。w
「自分の所で書いて」るからTBしてんですけどね~
「言いたいことがあれば自分の所で書いていればいいでしょう」と書く以上、直接あちらにコメントせよという意味でもなさそうだし・・・

では、どうしろと?
ぜひ、教えていただきたい。

>こちらは失笑系の記事なんか見るヒマはないんですっ。

読みたくなければ読まなくたって全然構わない。
でも、それがTB送るなっていう理由にも、TBを消す理由にも、全くならない事はご理解くださいね。

>↑ のTBされた記事の頭の文だけ見ても,「必死」とか「逃げに入ったようです」とか,主観的文満載のようだから見に行っても時間の無駄だってことは容易にわかるの。

では、その前に送ったTBはなぜ削除したのです?
そういうブサヨ根性丸出しだから、「必死に逃げ」と書かれるのですよ。
再度送っておきましたから、TB消すような「逃げ」行為はもうお止めくださいね。

>自分の所で精一杯主張しなさい。

はい、してますが?

>何かパピヨンと語り合いたいのであればコメントにください。謝絶はしないから。その内容によっては相手をしてあげます。

うーーーん、だからどっちなの???
自分のところで主張してTB送ればいいのか?
それとも、
そっちにコメントすればいいのか?

もし、そっちにコメントしてほしいということなら、喜んでしてさしあげますよ。
たんぽぽさんやかつさんと違って、コメ禁にはしないそうですからね。

ただ、
>その内容によっては
と、限定条件つけちゃうところが、まだまだ甘いな~
「なんでもどうぞ自由にお書きください」と、なぜ堂々と言えない?

>というのは例えば,パピヨンは共産党についてこんなこと言ってるけど,実はこうだから全く間違っている,とかね。

それがご希望なら、検討しておきましょう。
でも、それだけに限定される理由はありませんからね。

>このくらいのことを言ってくれたら見直しますよ,Looperさんとやら。

何を勘違いしているのやら・・・
反論しただけで、
「あなたはパピヨンの信頼を失いましたのでお相手するつもりは無かったのですが」
などと書く人に「見直し」て貰っても嬉しくもなんともありませんよ。
逆に、そんなお人に「見直」されたりしたら・・・そりゃ恥です。

で、このコメントに、誰彼なしに「共産支持者」とレッテルさえ貼れば、何を言ってもOKというDさんが登場します。

> Commented by D at 2009-11-26 00:23 x
>Looper氏など失笑系共産党支持者にとっては、自分の考えが絶対であり、他人の見解など知った事ではないんですよ。
>困った事に、Looper氏みたいな共産党支持者は、結構いるんですよ。


確かに、こくたブログを見てもらったら分かるように、私みたいな共産党支持者や党員が結構いたら、共産党さんはホントに「困った事」になっちゃうでしょうね (笑

> Commented by papillon9999 at 2009-11-26 00:47
>そうなんですよね。そういう妄信者でない方も多数おられるけどね。AML保存書庫を見ても,吉田さんを早々と擁立して済ました顔している態度に賛成してない支持者もおられましたよね。


で、パピヨンさんは、Looper=「妄信者」とレッテルを貼ってしまう。
で、相変わらず、その「共産支持者」とやらの根拠も、「妄信者」の根拠も提示なし。

この際だから、あの都知事選挙での私の立ち位置を明らかにしておきます。

まず自分は、吉田氏立候補には反対でした。
反石原の統一候補を模索する時期に、共産単独での候補者擁立は愚行に思われた。
ただし、「自分より幅広く結集できる候補者が現れれば、自分は出馬を辞退してその人を支援しても良い」と吉田氏が表明した点を評価し、それの実現にこそ共産党は全力をあげて欲しいと要求するメールを共産党中央委員会にも送った。

しかし、民主党の拒否もあり、そうした「反石原都政」統一候補を模索する情況すら整わなかったのは、実に残念であった。
#そして、この点こそが、神戸市長選挙とは決定的に異なる点である。
#この違いの認識を抜きに、両選挙での統一候補問題は語れない。

にもかかわらず、浅野支持派の一部から、一方的に「吉田降りろ」との攻撃が行われた。
これは、民主主義のイロハすら知らない不当な攻撃であると批判した。
ちなみに、とほほさんとは、この件で共闘した。

同時に共産党は、石原以上とも思える浅野氏批判を始めた。
自分は、それにも反対であった。
敵は石原なんだから、「石原都政批判」をこそすべし、そして、浅野批判ではなく、吉田氏の魅力の押し出しをこそ共産党はすべしと考えていた。
この考えは、今回の神戸市長選挙でも全く同様である。

ただし、共産党が「でまかせ」を言って浅野氏批判をしたという「事実」は確認していない。
もしそれが本当なら、当然共産党は厳しく批判されるべきだが、もしその指摘こそが「デマ」なら、逆にそんなデマを公党に対して行った人物は、それを撤回し謝罪すべきだろう。
これは、選挙中の共産の浅野批判の是非とは、全くレベルの異なる問題である。

たんぽぽさんには、この点でのきちんとした対応を改めて要求しておく。

で、こうした見解を持っている私のような者が、「結構いる」「妄信者」の「失笑系共産党支持者」らしいので、どうか皆さん、よく覚えておいてくださいね。(笑
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。