--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学と科学ではないもの

2011年10月05日 12:14

科学&共産党ネタです。

先日、光文社新書の『もうダマされないための「科学」講義』という本を買って読み始めました。
阪大の菊地誠さん他の共著で、科学とは何か、科学と哲学、報道との関係などのの解説があります。とりわけ、3・11以後問題となった科学コミュニケーションの問題、科学デマの問題など、大変分かりやすく書かれていて、この問題に関心のある方には必読の本だと感じます。

で、なぜこれが共産党と関係するか?ですが、私が10年以上一貫して間違いだと主張してきた共産党の方針が、非科学であることを菊地誠さんが分かりやすく解説してくれていたからです。

第一章の「科学と科学ではないもの」の中で、練習問題として、中学生のテスト結果と朝食を摂る頻度の比較をした図(文科省作成のもの)を示されていて、この2つに綺麗な相関関係があることがわかります。そこで、朝食を摂るようにすれば、成績がアップするのでしょうか?という問いが発せられています。

で、これはそうではないのですね。生活態度や家庭環境が朝食の有無に表れていると考えるのが自然で、だとすると、朝食をよく摂る生徒は勉強も良くしているという事は十分にあり得るわけです。結局、よく勉強する子供は、勉強もできるし、朝食もきちんと摂るという事です。だから、朝食を摂るようにしても、勉強するようにならなければ成績アップは望めません。

つまり、朝食と成績には相関関係はあるが、「因果関係」は無いという事です。

これと全く同じ間違いをしているのが、いつの間にか消えた機関紙130%増の目標に始まり、この10年以上こればっかりと言ってもいいぐらいやっている「赤旗拡大」を最優先する方針です。この震災問題が焦眉の今この時でさえ、特別月間とかいう「赤旗と党員を増やせ!」にほぼ全勢力をつぎ込んでいます。

根拠は、国政選挙での共産党の基礎票は、赤旗新聞の約2倍であるという試算から来ているようです。

確かに、得票数と機関紙部数には相関関係はあります。
では、そこに「因果関係」はあるのでしょうか?
赤旗の購読数が増えれば、その2倍の票が増えるのでしょうか?

はっきり言って、それはありません。
赤旗の購読数も、得票数も、どれだけ共産党が国民から支持され、期待されているかのバロメーターに過ぎないからです。
成績と朝食の関係と同じなんですね。
単に赤旗の購読数だけを必死に増やして一時的に嵩上げをしたとしても、そもそもの支持が増えなければ得票も増えません。逆に、押し売りのように強引に購読をさせて嫌われたら、得票は減ってしまう可能性すらあります。

得票を増やすには、「共産党は良いこと、大事なことを、地道によく頑張っている」と国民に注目してもらい、支持してもらえる活動こそが一番大事なのです。

ですから、この緊急時に、拡大月間なんぞやっていては話になりません。
もしやるなら、「被災地応援・支援」月間でしょう。
「やっぱり困ったときは共産党だ」「弱者の気持ちが分かるのは共産党だ」という活動を全国で展開することこそが今まさに必要なのです。

阪神大震災後の被災地の全ての選挙で共産党が大躍進したのは、共産党が支援活動を必死でやっていたのを皆知っていた、そこへの強い信頼と感謝の気持ちが高まっていたからです。赤旗が増えたからじゃない。

この相関と因果を取り違える間違いを10年以上も正せないようでは、「科学の党」を語る資格はないでしょうね。
スポンサーサイト

原発問題の科学検証シリーズ(2) 野呂美加氏

2011年08月23日 11:33

2回目は、「チェルノブイリのかけはし」という団体を率いている野呂美加さんを取り上げようと調べ直していたら、ちょうどきくまこ先生が書いてくれていたのに気がついたのでこちらをご参照ください。

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1314034425

自分も野呂氏の善意を疑うわけじゃないが、その主張の非科学度はあまりにも酷いので知っておくべきだろう。

えっ?それじゃ手抜きだって?
はい、その通りです。(笑
ただ、追記すべき事に気がついたら、また書くかもしれません。

原発問題の科学検証シリーズ(1) 矢ヶ崎克馬氏

2011年08月22日 13:02

福島原発事故以来、反原発運動の中の非科学的主張の横行には呆れるばかりで、それは今もずっと続いている...というか、むしろ酷くなるばかり…

広瀬隆氏のような問題外もいるが、今回から色々な人の放射線被害に関する主張を科学的に検証してみたいと思う。遅かりしの感もあるが、こんなトンデモ主張ばかりを野放しにしておいたのでは、私が望む脱原発すら危うくなるという危機感が頂点に達したからであることをご理解ください。

第一回目は、内部被曝問題ではよく引き合いに出される琉球大学の矢ケ崎克馬名誉教授の非科学的主張を指摘しておく。

題材は、以下の「内部被曝についての考察」という論文。
http://www.cadu-jp.org/data/yagasaki-file01.pdf

まず、ICRPのモデルについて、「吸収線量を、被曝した微小領域で本来規定すべきであるが、臓器当たりの平均量で評価することを基準とすると宣言していて、この方法は内部被曝を科学的に評価できるものでは無く、恐ろしく過小評価するものだ」としている。

その根拠として、内部被曝で特に問題になるα線とβ線の電離モデルと、主に外部被曝で問題となるγ線の電離モデルを示している。

そして、そこではγ線による電離は分散型で、α、β線の電離のように連続した原子がイオン化されることがないかのような解説が絵付きでなされている。

正直これを見たときはびっくり仰天した。
γ線がどのようにして被曝を引き起こすのかをまるで理解できていないからだ。
今回福島で問題となっている核種が出すエネルギーのγ線であれば、ほとんどが光電効果とコンプトン効果によって高速の電子を弾き飛ばす。つまり、γ線自体が電離を引き起こすのではなく、はじき飛ばされた高速の電子が2次的にその軌跡の原子を励起・電離させるのである。

で、β線も高速の電子である。
同じ電子線なのだから、そのエネルギー(速度)が同じであれば、その影響も全く同じである。

つまり、β崩壊で生まれた0.5MeVのβ線と、γ線由来の0.5MeVの光電子線とは、それ自体の励起・電離作用は
全く同じである。

光電効果: γ線のエネルギーとほぼ同じエネルギーの電子線(β線)を発生させる。
コンプトン効果: γ線のエネルギーを、電子線(β線)とγ線(エネルギーが減る)とに分割する。
#なお、今回は電子対生成についての考察は省略している

この辺りの話は、あまりにも基礎の話で、こんなレベルで間違っていたのでは話にならない。
もっときちんとした話をお知りになりたい方は、反原発で有名な安斎育郎氏の著作を参照されたい。

矢ケ崎氏の内部被曝が恐ろしいという主張のベースは、こんな超基礎から間違っている。
こんなトンデモ科学を根拠に考察を進めても、まともな考察ができようはずがない。

どうも矢ケ崎氏は、α線、β線の内部被曝は同様の重大な危険性を持っていると考えているようだ。
しかし、既に述べたように同じエネルギーを吸収した場合には、β線とγ線では、同じ電子線による被曝なので基本的に同じである。
逆に、ICRPは、α線の被曝こそが、β線やγ線よりも同じエネルギー吸収でもずっと危険(20倍危険)だとのモデルを採用している。

どちらが科学的かは明らかである。

なお、内部被曝が外部被曝と同じだなどと言っているのではない。
α線、β線核種は内部被曝でのみ問題となり、体内で崩壊すれば確実に被曝してしまうので、それをなるだけ取り込まないように注意を払うのは当然。
また、ヨウ素131のように特定の臓器に集中する核種は、それだけその組織の被曝密度が高くなるので要注意である。
しかし、全身に散らばるK40のような核種でのβ線被曝は、それと同じエネルギーをγ線被曝によって受けたのと、励起・電離の影響だけを見ればほとんど同じはずである。

で、ICRPは核種別に、生体内での経路や振る舞いを考慮した内部被曝計算モデルを採用している。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001cyyt-att/2r9852000001cz7c.pdf

矢ケ崎氏が、どこまでこれを理解してICRP批判をしているのか?はなはだ疑問である。

さらに矢ケ崎氏の論文では、氏の考察を裏付ける根拠として、「アメリカにおける原子力発電による低線量被曝」の研究として、LEUREN MORET氏らの調査を紹介している。
で、この人は、あの地震は人工地震だ!と主張しているトンデモさんである。
http://jmatome.blog39.fc2.com/blog-entry-205.html

よって、このRPHPによる「アメリカにおける原子力発電による低線量被曝」報告にも、眉に唾をつけながら見ざるを得ないだろう。

今こそ、正確な情報を

2011年03月26日 12:26

東日本大震災において、被害にあわれた皆さんにお見舞いを申し上げ、犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。

この大震災は、未だに被害の全貌が分からないのには愕然としますし、あまりにも非日常が続く現状に取り乱さないほうが可笑しいのは分かります。自分も、この間あたふたと走り回っておりましたので同類です。

おまけに、福島原発の状況は、放射線被害は目に見えないし、広島・長崎の原爆を経験している日本人には、放射能被害の重大性は、小さい頃から頭にたたき込まれていますので、冷静になれという方が無理なのかもしれません。政府などからの発表が情報不足である事も、この不安に拍車をかけているのは間違いないでしょう。

ところが、この不安につけ込んで、扇動家たちが非科学的なデマで危機を煽り始めました。
その代表格は、やはり広瀬隆氏でしょう。

「ニュースの深層3/17(木)」での出演が以下のYouTubeで公開されています。



マグニチュードを改ざん?
体内被曝は1兆倍?

などなど・・・
いやはや、デマだらけです。

ところがこういうトンデモから、反原発運動はずっと抜け出せないできた。
だからこそ、これまで十分に市民権を得られずに来ているのである。
このときに、またこんなデマ・トンデモに乗っかってたら、今回も運動を潰しちゃう事になるだろう。

今こそ、科学リテラシーを大事にした原発反対運動を盛り上げないといけない。
そのためには、広瀬隆なんて扇動家はさっさと排除して、以下のような情報をこそ学ぶべきです。

「福島原発の放射能を理解する」
チェルノブイリとの区別が付いていない人、メルトダウンと再臨界の区別が付いていない人などは必読です。

放射線は「甘く見過ぎず」「怖がりすぎず」(八代嘉美)
「適度に怖がる」というのは、本当に正しい指摘です。

原子力資料情報室(CNIC)
こちらは、やや一面的でバランスを欠くと思われる時もあるが、基本的にデマは流していない。

以上、参考まで。

陰謀論について考えるイベント

2011年01月31日 20:04

複数の友人が係わっているので、紹介しておきます。

市民社会フォーラム「911事件を考える連続イベント」

911WiKi

もはや廃れてきた例の911自作自演説を宣伝する内容のように誤解されかねませんが、むしろモチベーションは逆のイベントです。

まず、磯部先生の講演は必見です。
磯部先生は、制御解体説も含めて、WTC1/2の崩壊のメカニズムを徹底的に科学的に追求されてきた研究者です。
そして、はっきりと「制御解体」を示唆するような事実は一切無かった事を論文にも書かれている。
しかも、NISTの説では不十分だとして、独自のスプリングバック説を提唱されている。
陰謀論者が「制御解体でしかありえない」と騒いだあのツインタワーの崩壊の仕組みの解明は、今どこまで進んでいるのか?今どこに謎が残っているのか?純粋に科学の立場から報告して貰う、初めての試みです。
この日が、日本での「制御解体説」最後の日になるかもしれません。

日時 3月13日(日)14:00~16:00(13:30開場)
会場 関西学院大学・梅田キャンパス1405(14階)
http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html
講師 磯部大吾郎さん
(筑波大学大学院システム情報工学研究科 構造エネルギー工学専攻准教授)
参加費 1,000円(資料代込)
主催 磯部大吾郎先生講演会実行委員会/市民社会フォーラム

その翌週のきくちvs菊池対決も、これまた画期的で必見の企画です。
日本の911陰謀論を引っ張ってきたきくちゆみ氏と、911事件の検証を求める科学者の会を作った西牟田教授のタッグに対し、kikulogで知られるきくまこさんこと、菊池誠大阪大学教授が、911陰謀説に関する討論会を行うのです。

菊池誠さんは、科学リテラシーのお話しを中心になさると思います。
結局、こうしたトンデモ陰謀説、ヒーリング、ホメオパシーなどなどを信じてしまうのは、根底には「科学リテラシー」の欠如があるからです。どうして平和活動家の多くは、そんなトンデモを信じてしまうのか?が裏のテーマになるかもしれません。

911を検証する公開討論会
―WTC3つのビル崩壊とペンタゴン攻撃を中心に―
日時 3月19日(土)13:30~16:30(13:00開場)
会場 阿倍野市民学習センター講堂
http://www.osakademanabu.com/abeno/
参加費 1,000円(資料代込)

私も参加します。
みなさんもどうぞご参加下さい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。