--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスタリカの真実

2010年06月28日 16:27

護憲派の集会では、よくコスタリカを「日本の憲法9条を実践している国」「軍隊の持たない平和な素晴らしい国」と持ち上げて取り上げます。

伊藤千尋氏なんかは、その代表の一人でしょう。
http://www.magazine9.jp/interv/chihiro/index.html
http://www.jicl.jp/hitokoto/backnumber/20050808.html
これを読むと、本当に素晴らしい国で、日本もそうなって欲しいと誰もが願うでしょうね。

「日本における唯一のフリーランスコスタリカ研究家」を自称される足立力也氏なども、
『「丸腰国家」コスタリカの真実』という本などを出している。

で、そんな素晴らしい国なら移住しようという日本人が増えているらしい。
ところが、行ってみると治安は悪いわ、貧富の格差は酷いわで、全然イメージが違ってると怒り出す方もいると聞く。

いや、実際にその素晴らしさをツアーで見学して来た。という方もいらっしゃる。
しかし、それはプログラムされた観光であり、本当の真実を見て来た訳では無いのだ。
おまけに、とかく自分が受け容れたくない事実は見ようとしないものである。

では、本当のコスタリカの姿とはどんなものなのか?
を知りたければ、まずこちらの加瀬氏のサイトをお勧めする。
http://www.japancostarica.com/paper/index.htm

加瀬氏は、コスタリカに15年以上住み、コスタリカの旅行専門会社を経営されている方で、コスタリカの裏も表も知り尽くしている方である。
この加瀬氏が、日本で流されてるコスタリカ美化論について書かれているコラムがある。
加瀬氏ご本人のご意見も大変参考になるが、それに加え、

中南米研究者として著名な新藤通弘氏の論文や、

ラテンアメリカの歴史などの研究者で、自身もコスタリカで大学院を過ごし、「コスタリカの歴史」というコスタリカの教科書の和訳本を出されたりしている小澤卓也氏の論文 などを紹介している。

これらの3人に共通している視点は、「ありのままに見る」という事だろう。
良いところだけを抽出して美化したり、悪いところだけを抜き出して非難したりなどしない。
これは、硬い表現をすれば「科学的に見る」という事である。

こうした方たちの冷静な視点からの論文を読むと、伊藤千尋氏や足立力也氏の展開している「コスタリカ美化論」の危うさ、これを護憲運動で展開することの危険性を強く感じざるをえない。
これらは、陰謀論ですぐに語りたがる平和運動家と共通の危うさを秘めている。 

最後に、私が特に感銘を受けた小澤卓也氏の論文中の一文を紹介しておく。

コスタリカを参考にして日本の平和を再考する試みは、すばらしい。だが、そのためにはコスタリカの「平和」の長所と短所を客観的に見きわめるところから始めなくてはならない。平和社会を目ざすコスタリカ人の姿から謙虚に学びつつも、同時に彼らが抱える問題点もしっかりと受け止め、その解決についてともに考えていく姿勢が求められる。私たちがなすべきことは、コスタリカの「平和物語」に浸って現実逃避することでもなければ、「ほめ殺し」を介してコスタリカの人びとと浅薄な連帯を築くことでもない。日本とコスタリカのあらゆる人びとの平和のため、友好的で相互協力的ではあるが、生産的な相互批判の精神も失わない二国間の「大人の関係」を構築することが急務なのである。
スポンサーサイト

お国言葉での憲法

2010年05月03日 09:33

CODE海外災害援助市民センターが配信しているハイチ地震、チリ地震、青海省地震の最新情報は、こちらからご覧ください。


今日は、憲法記念日。日本国憲法が施行されてから63年となりました。

また、国民投票法も今月18日に施行され、法的にはいつでも国会が改憲の発議が出来るようになります。
しかし、18項目にもわたる付帯決議の課題は、何も進んでいない状況です。
18歳から投票権を認めるといった関連法の改正もこれまた全く進んでいない。

実質、すぐには改正の発議は無理な状況かな?
鳩山政権も、今は普天間問題などで手いっぱいで、「憲法改正」に手が回る状況ではないのでしょう。

でも、自民党という泥船から次々と逃げ出した人たちが作った新党は、どれもその公約に憲法改正を掲げています。

だから、参議院選挙後はその結果如何では、一気に改正へとなだれ込む危険があるように思います。

それにしても、安易にこの憲法を変えようという方たちは、現憲法の素晴らしさが本当に分かっているのでしょうか?
特に、この憲法の前文の素晴らしさは、人類史的価値があると思います。

この憲法前文をお国言葉で言い変えようという運動をされている人がいます。
高知の山本明紀さんというニラ農家をされている女性。(こちら

こちらでの素敵な土佐弁での憲法前文を引用させて頂きます。
それ以外にも沢山のお国言葉で色々なバージョンが紹介されていて楽しい。

こんな身近な言葉で憲法前文を語ってくれると、その素晴らしさが改めてしみじみと伝わってきます。
変える・変えないの議論の前に、皆さんのお国言葉で現憲法を今一度味わってみてはいかがでしょうか?

http://plaza.rakuten.co.jp/tenamonya/6001


日本に住みゆうわたしらあは、
わたしらあや孫子(まごこ)のために、
こじゃんとココロに決めました。
ちゃんとした方法でわたしらあの代表を決めて、
ほんでその代表を通じてこれからいごいていきます。

全部の国々となかようしよう、
自由の恵みが日本の隅々までいきわたるようにしよう、
お役人らあの勝手で二度と戦争がおこらんようにしよう。
この国で一番えらいがは、わたしらあひとりひとりながやきね
とふとい声でいうちょいて、この憲法をきめるがです。

国政いうがは、国のみんなあの信頼をいちばん大事。
権威はもともと国のみんなあのもんやし、
権限を使う人はみんなあの代表ながやき、
みんなあがそれから得た利益を受けるがは当然ながです。

こんなことらあは人間やったら誰でもがわかっちゅう本質やき
わたしらあの憲法はこのやり方でいくがです。
わたしらあは誰がなんと言うたち、
この考え方に合わんがやったら憲法やったち、法令やったち、
天皇さんの命令やったちいりませんということにします。
そんながは、従わんでえいがです。

わたしらあは、この先ずうっと平和でおりたいいうて
こじゃんと強うに思うがです。
やき、ひと同士の間で絶対大事にせんといかん高い理想を
いっつももっちょくことにします。
わたしらあは平和を大事にしゆう世界中の人らあが、
みんなあ正直でうそをつかんと信じます。
信じることで、わたしらあは平安に生きることに決めたがです。
わたしらあは平和を守って、
どっかを支配しちゃりましょうとか、言うことをきかんかったら痛い目に
合わせるとか、そんなヘゴをこの世から無くすように頑張りゆう
ほかの国々のなかで「日本はしょう頑張りゆうやんか」いうて
尊敬されるばあの国になりたいと思うがです。

世界中どこの国の人も
怖がったり、ひもじかったりいう難儀をせんずつ
平和に生きる権利があるがやと思うちょります。

どこの国も、自分くだけがよかったら
ほかの国はどうでもえいわらあてことじゃのうて、
政治のモラルいうもんは持っちょかんといかんと思います。
自律した国として
ほかの国とつき合うときにはこの考えを
絶対腹にすえちょかないかんと思います。

わたしらあは、日本いう国の名誉にかけて
このげにえい理想と目的をほんとにするように
持っちゅう力を惜しまんと誓います。


おくにことば・土佐弁編(高知市周辺)
        訳した人・山猫母(F)
        2007・6・12改




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。