--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邪推の真相

2009年12月08日 12:04

共産党の政治資金収支報告書に記載されている「個人からの借入金」について、「借入証」などがないのではないか?などと根拠の無い「邪推」をして一人で騒いでいたアルバイシンの丘のパピヨンさんですが、不明点があるなら中傷始める前に直接聞いて確かめれば?とアドバイスしたところ、コメもTBもIP拒否設定されてしまったのは既にご報告した通りです。よっぽど反論されるとお困りになるのでしょうね。

パピヨンさんは「事実」が明らかになるとお困りになるようで、自ら調査する意志は全くなさそうでしたので、代わりに少しだけ調査して差し上げました。この結果を公表し、改めて、煙の無いところですら、妄想と邪推を働かせて「火事だ」と騒ぎだすおかしな人のサンプルとして、パピヨンさんの「邪推の真相」は何だったのか?皆さんとシェアしておきたいと思います。

以下が共産党さんに送った質問メールです。

さて、先日、総務省で閲覧されている貴党の政治資金報告書を拝見し、確かめたい点がありましたのでメールさせていただきました。
報告書の収入の欄の中には、個人からの借入金リストが入っておりました。また、資産リストのところにも、未返還分の個人からの沢山の借入金リストがありました。

この、個人からの借入金は、当然なんらかの契約書、借入書のようなものが交わされていると思いますが、利子、返済期間など、どのような契約となっているのでしょうか?
また、どのような目的で借り入れたものなのでしょうか?

個々のケースで違いはあろうかと思いますが、代表的な事例で結構ですので教えていただけますよう、お願い致します。

最初の共産党さんからのお返事:

 メールを拝見しました。
日本共産党中央委員会の借入金は、5年前に新しい本部ビルを改築(総予算85億円)するさいに、本部建設募金(寄付および協力借入金。総額40億円を達成しました。)を募ったものがすべてです。
協力借入金については、①無利子、②借入期間は5年または10年、③一口10万円以上としてよびかけました。現在、返済期日どおりに順調に返済をしているところです。協力された方々とは借入証書を交わし返済と同時に回収しています。
収支報告に掲載した借入金は、まだ借入期日を迎えていないか、協力者の申し出により借入を継続しているかのいずれかです。申し出があれば期日前であっても返済しています。
ちなみに、建設予算の残り45億円は、10年間にわたって党本部の会計の一部を積み立てて確保しました。したがって建設資金をすべて党員と支持者の手で支えたことは、私たちの誇りです。

2009年12月5日
日本共産党中央委員会 財政部

予想通りの答えです。「借入証書を交わし」と明言されています。聞くまでも無く、当たり前ですね。
公党がお金を借りるわけですから、まして、それを公的な報告書に載せるのですから、誰からであれそんなことは当たり前で、どんな邪推をすればそんな疑いが出てこれるのか?その思考構造が理解不能です。

こちらが追加の質問:

日本共産党中央委員会 財政部様

丁寧なお返事ありがとうございました。
ビル改築に伴う、協力借入金についてはよくわかりました。
ただ、不明な点が一つ残っています。
平成20年分の政治資金収支報告書にも、新たな借入金が収入の欄に2名分(10万円と500万円)記載されています。
こちらはビル改築の協力借入金とは違うように思えますがどういったものなのでしょうか?

追加質問への、共産党さんからのお返事:

 昨年度、新たな借入として掲載したものも建設協力借入金です。応募はすでに終了していますが、協力者の申し出で一定期間貸し付けていただくというケースが例年あり、その分を掲載しました。なお、昨年度の10万円の方については、その方の事情により1/18に借りて、1/31に返済(支出の項にも掲載されています)しました。
収支報告は、政治資金規正法にしたがうとともに、閲覧する国民にわかりやすくという努力をしているつもりですが、借入金は単年度の掲載だけだとご不明な点がありうるのは当然です。今後ともお気軽に質問・意見をお寄せください。
2009年12月7日
日本共産党中央委員会財政部

だそうです。
さらに疑問のある方は、「お気軽に」直接質問してくださいね。
このように直接聞けば、問題がなければ当然答えてくれるわけですから、この程度の調査は妄想邪推を働かして騒ぐ前にやらなきゃいけないのは当然ですね。

スポンサーサイト

またデマが・・・ (追記あり)

2009年12月07日 00:19

また、あの方がこちらでデマを流していらっしゃいます。

それにしても、どうしてデマを流す前に調べないのか、本当に不思議です?

実は、私も共産党が都知事選で行ったあの国保証問題での浅野宮城県政批判は、若干言いがかり的要素があるとは思っていますし、浅野氏が宮城県でしたことと同じことを東京でもするとは限りません。

だからといって、デマを根拠に批判することは許されません。

> 共産党は、国保証の問題には、長いあいだ取り組んできたと、
> 言うのですから、県政と関係ないことも、

「県政と関係ない」というのは明確なデマですね。
県には市町村の指導責任が課せられていて、確か法律にも書かれていたはず。

> 宮城県だけの事情でないことも、当然知っているでしょう。

無論そうですが、同時に、県が指導を徹底している長野や沖縄などでは、ほとんど取り上げが無いことも共産党は知っていたでしょう。

>その上で、「浅野県政のせいで国保証の取り上げが増えた」
>などと言ったことになります。

はい、大多数の県と同様に指導を徹底しなかったから増えたのであり、それを批判したのでしょうね。
実際、遥かに低いレベルに抑える努力が出来ている県があるのですから、これ自体は嘘でもデマでもありません。

>国保証に関する業務が、県ではなく市町村であることは、
>ちょっと調べればわかることなのですが、
>ご存知ないかたも、たくさんいらっしゃると思います。

むろん業務自体は市町村が行いますが、県には何も関係ないかのような、ちょっと調べればわかる間違いを堂々と述べる方はほとんどいらっしゃらないと思います。

追記:
>県には市町村の指導責任が課せられていて、確か法律にも書かれていたはず。
ちょっとググったらすぐに見つかりました。
どうしてこの程度の手間すら掛けないのか?ホンマに理解不能です。

国民健康保険法
(国及び都道府県の義務)
第四条  国は、国民健康保険事業の運営が健全に行われるようにつとめなければならない。
2  都道府県は、国民健康保険事業の運営が健全に行われるように、必要な指導をしなければならない

事実はどうでも良い人たち

2009年12月02日 17:40

今回も、ガイヤルドさんへお返事を兼ねて、あの方たちのトンデモぶりを明らかにしてみます。

>ガイヤルドさん
> 調査能力というか、調べる気がないのでしょう。ただ単に「最初から結論ありきで、それを補完する証拠を妄想で作り出」して、日本共産党を揶揄したいだけ。

はい、そうした真実を調べる気がそもそもなく、単に手近な攻撃材料が見つかりさえすればよい。
という、メンタリティーと手法が批判されていることを理解していないですね。

で、実際共産党の財政活動には問題点は山ほどあります。
私もいくつかの事実を知っています。
地方の専従の給与が低くて遅配も多いとか、地方機関の慢性的な財政困難からの多額の借金問題などなどです。
党幹部の給与問題や、「赤い貴族」問題も、自分なりの人脈で調査しました。

そうした、自分で事実・真実を調べた上で批判するなら、以前にも述べたように私も賛同できるのです。

でも、どうやら彼らは、私が共産党を守ろうとか、共産党批判をかわそうとしていると勘違いしているようです。
もし本当に私が共産幹部の給与がばれて困るなら、調べた額をわざわざ前記事で明かすはずがないことすら、思い至らないようです。

そう、彼らは何を批判されているのかがまるで分かっていないのです。
それは、あちらのコメントを見ればよく分かります。

Commented by papillon9999 at 2009-12-01 20:03
本部ビル建設のためという言い訳は,未だに新たに借入金が入っていることの説明にはなりませんからね。
まずこれを明らかにしてもらったら次に行きますよ。早く明らかにしてください。

ほらね、「共産を守ろう」としているとしか考えられないから、こういう頓珍漢な質問が出てくる。
で、何で私が共産党の借金の説明をせにゃならんのだ(爆
その「可笑しさ」が理解できないようです。
批判する前に、批判すべき内容かどうかの事実をまず調べるのがあなたの仕事なんですよ。
分からないなら、共産党に直接聞くとか、色々出来ることがあるでしょ?
これまでのような妄想での批判じゃなくて、きちんと事実に基いた批判なら、「よくやった」と褒めてあげますよ、パピヨンさん。(笑
まともな言論とはそうしたもの。頑張ってね。

Commented by papillon9999 at 2009-12-01 19:33
Looperさん

>政党助成金をもらうと、個々の幹部に支払っている給与が公になるとのご意見のようだが、その証拠を示してしていただけませんか?

そういう反論になるより,どうして
『個々の幹部に支払っている給与が公になっても,痛くも痒くもありませんよ』
という反論にならないのかがとても不思議だなあ と思うパピヨンでした(^o^)^^^^^^^^^^

これも、私が「共産党を守ろう」としていると勘違いしているから、こういう発言になる。
自分のブログ内で、誰に対してであれ「デマ発言」があったら、それを批判するというのは、自分のブログの正当性を担保する最低限のモラルだと思うけど、そういう姿勢がこの方には見られませんね。

Commented by D at 2009-12-01 23:34 x
>>『個々の幹部に支払っている給与が公になっても,痛くも痒くもありませんよ』

言える訳ありませんよ。自分達が批判している大企業よりも性質の悪い事(給与の不払い・遅配行為)をやっておいて、トップや一部の幹部だけには高給を支払っている実態が明らかになっちゃいますからね。(要は日本共産党は、北朝鮮と同じだと言う事を公言する事になりかねない)

こちらのDマゴギーさんも同じですね。
私は、『個々の幹部に支払っている給与が公になっても,痛くも痒くもありませんよ』 (笑
実際、もう暴露しちゃったけど、どこも「痛くも痒くもありません」。(爆
私が共産党を守ろうとしているとしか考えられないから、こういう的外れなことがいえるのですね。
で、あなたが批判されているのは、「デマ発言」ですからね。
そのデマ発言さえ撤回して、事実に基く共産批判のみ行うなら、喜んで賛同してあげますから、しっかり頑張ってね。

で、いまだに、助成金を貰ったら、そういうことが明らかになるとデマを吹いてますね。
助成金を貰ったって、そんなもんは明らかになりませんし、幹部が高給かどうかという問題は、助成金を貰う・貰わないという件とは全くの無関係。

ちなみに、Looperちゃんって、政党助成金で高給を食んでいる人が他党にいるとでも思っているんでしょうかね?もしいたら、マスコミがよってたかって書き立てるでしょうね。「国民の税金で贅沢させるとは何事だ!」とね。そのぐらい今の天下りに関する批判を見ていれば、想像つきそうなものなんですが…。今、共産党の運営状態が批判されにくいのも、あくまで自主財源でやっているからに過ぎないというのに。(それ以前に、興味を持たれていないとかの理由が大きかったりしますけど)

この人、もしかして報告書にも書かれていない個々の人件費がいくらかを知ってんでしょうか?
で、もし高額だと問題にするなら、他党との比較を自ら調査して、きちんと事実に基いて批判するのがまともな言論というものです。もし、自民や民主などの幹部がいくら貰っているか知ってるなら、私がしたように公表していただきたいですね。事実に基く、まともな共産批判、期待してますよ。
なお、共産党が幹部の給与を公開することには、私は大賛成ですよ。(爆
政治資金収支報告書への人件費明細の記載義務を課すべきと思います。
で、そういう方向での法改正提案はされないのですか?

ちなみに、自民や民主は、毎年何10億という人件費を助成金で賄っています。
報告書では総額しか分かりませんから、幹部にいくら回っているかはこれでは分かりません。これも、要改善ですね。
しかし、自民などの議員さんには毎年500万~1000万レベルのお金が、党から議員を支部長とする支部に流れて使われていますが、ほとんど自由に使えるので、ただでさえ諸外国に比べて高額の議員歳費の2重取り、税金の2重取り状態です。
で、無所属の議員には、この金は当然下りて来ません。
こうした大問題には、この方たちは全く興味も関心も無いのかな?不思議です。

以上見てきたように、彼らは自分たちの何が批判されているのかがまるで分かっていない様ですね。

さつきさんは、たんぽぽさんのデマを批判しました。
私も、D氏のデマやパピヨン氏の誤読に基く中傷を批判しました。
これが、結果的に「共産党批判」に対する批判になったから、相手は「共産党を守ろうとしている」としか考えが及ばない。
この方たちの短絡的思考には、さつきさんも呆れられていましたね。

こうした事実を踏まえることを大事にしない態度こそ、「敵・味方思考」にハマっている証拠じゃないかと思います。
デマや事実を根拠にしない邪推による批判は、誰に対するものであれ許されないという、当たり前のモラル感覚すら、この方たちには無いのでしょうか?

根も葉もないデマ

2009年12月01日 19:32

どうやらDさんは、こちらで、何の根拠もなく

>政党助成金ですが日本共産党の場合、下手に政党助成金をもらってしまうと、党財政をきっちりと公開しなければいけなくなりますので、まず受け取る事はないでしょう。

などと発言していたことが、こちらでのDさんご自身の発言で判明しました。

>法的根拠などなくとも、不破の人件費に関して公開しろと迫られる可能性が極めて高くなる事も理解できないようです。

結局、「党財政をきっちりと公開しなければいけなくなります」という根拠は何もなく、単なる自分の妄想を根拠に語っていたということを自ら白状して下さいました。(爆

で、既に貰っている他党の情況を見れば、「不破の人件費に関して公開しろと迫られる可能性が極めて高くなる」わけがありませんし、例え不破氏の給与を公開しても、他の常任幹部と同じという事しか出てこなくて、本当の不破氏問題は逆に隠されてしまうでしょうね。

で、以下、論点をスライドさせていくことで必死の逃走を図ろうとしていると邪推します(笑

>で、当然そこで法をたてにとって非公開となれば、どういう風に見られるかと言う事もね。

でしたら、既に受け取っている政党が「どういう風に見られ」ているのか?を教えて欲しいな~
でも、変ですね~「交付金受け取るなら人件費を公開しろ」と迫られた事例は寡聞にして知りませんね~

で、法に従って報告義務を果たした報告書に希望のものが入っていないからといって、「法を盾に隠した」なんていうのは論理として変ですよ。仮に公開すべきだと思うなら、法律改正をこそ主張すべきでしょう。

また、「赤い貴族」問題は、交付金を受け取っていたら問題となるが、受け取らなかったら問題にならないという類のものじゃない。同じです。むしろ、交付金を受け取れば、今のワーキングプア専従問題解決の助けにすらなるでしょう。このように、共産党が交付金を受け取って困ることなんか何もなさそうです。

にもかかわらず、こういう根も葉もないデマをのたまう方が出てくるのです。

>政党助成金ですが日本共産党の場合、下手に政党助成金をもらってしまうと、党財政をきっちりと公開しなければいけなくなりますので、まず受け取る事はないでしょう。

同じデマでも少しは根拠があればよかったのに、残念でした。
問題は、こうした根拠ゼロのデマすらも、自分の主張に都合が良いというだけで、無批判に受け入れてしまう人たちがいるということですね。

たんぽぽさんの「共産党がデマ浅野批判した」というデマも同様。
パピヨンさんに至っては、自分の理解力不足からの妄想を根拠に、共産党にいわれのない誹謗中傷を捏造してしまいました。
いやはや、どうしようもない方たちですね。

>それ以前に、Looperさんの場合は、「赤い貴族」のことを先に解決してから言ってもらいたいものです。

あらあら、これって何か意味のある事を言ったつもりなのでしょうか???
もし私が、共産党の内部問題を解決できるほど「偉い人物」と思っているなら、それは買いかぶりですよ(爆
神戸市長選挙での愚行すら止められなかったんですからね(爆

ではDさん、折角ですから私にそれの「解決責任」があることを示してくださいね~

火のない所に煙を立てる人たち

2009年12月01日 08:50

ガイヤルドさんのコメントへのお返事が長くなりましたので記事にしました。

話題となっているのは、アルバイシンの丘さんのこちらの記事です。

>ガイヤルドさん
> >こんなことぐらいは、ほんの少しでも調べる気になればすぐに分かることです。
>
> それは、アルバイシンの丘さんにも言えることですね。

はい、素直に読まず、アラさがしを必死にしようとするから、あーなっちゃうのでしょう。
最初から結論ありきで、それを補完する証拠を妄想で作り出すというのは、トンデモ陰謀論と同じ。

私も共産党の問題点は多々指摘していますので、事実に基づく説得力のある問題指摘なら私も賛同できますが、あれではね~

> アルバイシンの丘さんの記事「共産党の借入金って何だろう?」http://papillon99.exblog.jp/12403990/#12403990
> も、少し調べれば分かりそうなもので、コメント欄でもリンクが紹介されていますが、「借金」というのは、「党本部建設資金調達の協力借入金」でしょう。それに対して、利子が付かないのは、「闇献金に相当する」とおかしな事を書き、共産党を中傷しています。
>
> ―――――――――――――――――――――――――――――
> 建設募金の要領http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-07-30/16_0201.html
>  建設募金の要領は、寄付については一口一万円以上(分割も可)、協力借入金は一口十万円以上、無利子で、五年後返済または十年後返済です。
> ―――――――――――――――――――――――――――――

はい、火のない所に煙を立てて、一人で「火事だ!火事だ!」と騒いでいらっしゃいます。
それだけでなく、

>【11月30日追記:これは私の誤解でした。借入金は継続の意味しかなく,毎年新規に借入れたわけではありません。従って,借入残高の意味であって,三年間で少しずつ減っていることになります。深くお詫びいたします。】

と、分かりきった事を誤読しておいて、

>3.日本共産党国会議員団から,毎年1億5千万円の借入金が入っている。しかし,この三年間,返済には1円も存在しない。

という誤読には、未だに気が付いていない。
で、「毎年」借入なんてしていませんよ。
新たな借り入れも、返済もしていないから、毎年同じ数字になっているのです。

結局、パピヨンさんの「疑問」とやらからは、何か価値のあるものは残ったのでしょうかね?

>深くお詫びいたします。

と言ったはなから、

>共産党の,本部ビル建設資金協力の名目の無利子借り入れが,新たな網の目くぐりの知的な戦略でなければ良いのですが・・・

などとは、火のない所に煙を立てて公党を中傷した自覚も反省も見えませんな。

このDという人も同様です。
> Looperって人は、反論すればするほど底が浅い事が良くわかる。政党助成金をもらっている団体が、議員ですらない一部の幹部のみに高給払っているような話が公になれば、大問題になる事すら理解できないようだ。

あちらにもコメントしておきましたが、
政党交付金をもらうと、個々の幹部に支払っている給与が公になっちゃうとのご意見のようですが、是非その証拠を示して欲しいものです。

で、政党交付金の報告書には、誰に、いくらという人件費の明細は必要ないのです。
総務省 VI 政党交付金の使途等の報告を見ると、

>人件費・光熱水費以外の経費に係る支出で1件当たりの金額(数回にわたってされたときは、その合計金額)が5万円以上のものの支出の目的、金額、相手先 など

>人件費、光熱水費以外の経費に係る1件5万円以上の政党交付金による支出に係る領収書等の写しを添付します。

と書かれています。
どちらも、「人件費・光熱水費以外の」と書いてありますね。
つまり、政党交付金を貰ったって、その報告書では個々の幹部の給与がいくらかなんて全く分からない。もし分かるなら、他の政党の報告書を見ても分かるはずですが、当然そんなものは全く記載されていません。分かるのは、助成金を人件費にどれだけ振り分けたかという総額だけです。

ましてや、それを理由に「政党交付金を受け取れない」というのは、全くのデマです。
とっとと、デマを流したことを訂正して謝罪すべきでしょうね。>Dとやら

ちなみに、私の過去の調査によると、
年俸は、中央委員で800万円程度、常任幹部会クラスで1000万程度と聞いている。
これが「大問題」になるほどの「高給」かどうかは、皆さんの判断に任せましょう。
しかし、そんなものは助成金を貰おうが貰わまいが、隠しきれるものではない。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。